規定例「休憩時間」|就業規則の作成(大阪・京都)

イースリーパートナーズ社労士事務所
大阪府高槻市紺屋町12番10号 高槻ヨシダビル3階
電話:072-668-1417
就業規則作成サイトTOP >> 休憩時間

休憩時間

第○○条(休憩時間)
社員の休憩時間は、次のとおりとする。
      12:00〜13:00までの1時間
      ただし、業務の都合により休憩時間を変更することがある。
2.業務に差し支えのない範囲で自由に利用することができる。

就業規則作成の道しるべ

  • 解説
    休憩時間は、労働時間が6時間を超える場合は45分、8時間を超える場合は1時間
    を労働時間の途中に与えなければなりません。
    これは、労働時間が8時間の場合は休憩は最低45分与えればいいということになります。
    ただし、休憩時間はできるだけ長くしないと単価が上昇することになります。

    この規定を超える休憩については、必ずしも労働時間の途中に与える必要はないと考えます。
    したがって、残業をする場合に最初に休憩を与えても問題ないということになります。
    また、昼の3時などに休憩を挟んでいる場合は、必ず休憩時間として認識させることが必要かとも思います。休憩時間については賃金を支払わないことを明確にして、 休憩をとってその分賃金を支払わないか、賃金を支払う代わりに休憩を取らないかを社員の方に選択してもらうことも一考です。

    そして、休憩時間を増やすことになれば当然就業規則を変更します。

    就業規則の項目別規定例はこちらです!

E3社会保険労務士事務所までご相談ください!
пF072-668-1417

メールでのお問い合わせはコチラ
∴このページのトップに戻る
∴就業規則作成・依頼サイトHOME
ご連絡いただければ、
随時お見積り等いたします。
また、就業規則作成に関するご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
TEL:072-668-1417
FAX:072-668-1418
メールの方はこちら